FC2ブログ

フルハウス八戸ノ里店 インターネットカフェ 漫画喫茶@東大阪

24時間年中無休で営業しています。近大、近大附属高校、大商大、樟蔭女子大から一番近いマンガ喫茶です。

今月のNHK特選 シネマチャンネル12月

2010年12月配信スタート
フルハウス店内で、
NHKで放送された番組の中から、選りすぐりの人気シリーズを
無料配信中!
ご視聴は、フルハウス店内でコチラをクリック!

日曜スペシャルマンホールチルドレン~混迷するモンゴルからの報告~
マンホールチルドレン
<<語り>>柳生博

<<ドキュメンタリー>>
ソ連崩壊から経済自由化と揺れ動いたモンゴル。物が豊富になった反面、貧富の差が広がり、生活難におちいった家族の犠牲者がマンホールチルドレンである。家を出た少年少女が、冬のウランバートルで生きていけるのはマンホールの中でしかない。貧しいが故に福祉政策も行き届かない現状の中で、警察も動き始めて、保護施設も作られ始めている。悲惨な状況の中で、悲しいが、したたかな彼らの生活を追う。


わたしが子どもだったころタレント 劇団ひとり
劇団ひとり
<<ドキュメンタリードラマ>>
お笑いタレント・俳優・作家の劇団ひとり。本名、川島省吾。中学時代は目立つことなら何でもした。3年の学年集会、生徒たちが「受験についての心構え」を話すことになった。面白いことを言うと期待された川島(劇団ひとり)少年は、一番最後。しかし、"すべって"しまった。 そのときの恐怖心は忘れられない。当時過ごした千葉の幕張を歩きながら、少年時代を回顧する。


熱中人/熱中時間仰げば尊し紙芝居
熱中人
<<語り>>イッセー尾形

<<ドキュメンタリー>>
子ども時代に十分に遊べなかったせいか、大人になって幼稚園に就職。子どもと一緒にあれこれ遊んでいるうちに、紙芝居にはまっていった熱中人加藤さん。自分が登場人物になりきって、変身して、その場で反応が見られるそこに本当に魅力を感じるという熱中人加藤さんを追う。


熱中人/熱中時間フンチ!~ネコハエトリグモの戦い~
フンチ!
<<語り>>福島泰樹

<<ドキュメンタリー>>
熱中しているのは、体長1センチほどのクモのケンカ。方言で「フンチ」という。富津では、遠く江戸時代から、漁師が暇をみて行う遊びとして親しまれてきた。毎年5月に富津フンチ大会が開かれる。いつかは富津一になりたいと思ってきた熱中人小坂さんを追う。


熱中人/熱中時間ガチャガチャ熱中人
ガチャガチャ
<<司会>>薬丸裕英、井上あさひアナウンサー

<<ドキュメンタリー>>
かつて駄菓子屋の前に置かれていたカプセル入りのおもちゃ販売機・ガチャガチャ。小学生のころからずっと集め続けてきたという熱中人ワッキー貝山さんのガチャガチャに対する熱い思いに迫る。


熱中人/熱中時間野宿熱中人
野宿
<<司会>>薬丸裕英、中川緑アナウンサー

<<語り>>三遊亭圓丈

<<ドキュメンタリー>>
「青春っぽいことをしたい、生きているってことを実感したい」と高校時代から、寝袋を持参して野外で夜を明かす「野宿」に熱中する加藤さん。野宿のだいご味は何でもないことを幸せに感じられることだという。熱中人加藤さんのこだわりを通して 「幸せ」とか「自由」についてちょっと考えてみる。


熱中人/熱中時間空の光熱中人
空の光
<<語り>>渡辺満里奈

<<ドキュメンタリー>>
虹、彩雲、暈、幻日、環天頂アークなど、普通の人が気づかない不思議な光学現象を撮影している綾塚さん。空に見えるさまざまな美しい光学現象に熱中。空に目を向けないだけで、上を向いて歩けば意外に多くの不思議な光学現象を目にすることができるのだという熱中人綾塚さんを追う。


熱中人/熱中時間つり革熱中人
つり革熱中人
<<司会>>薬丸裕英、中川緑アナウンサー

<<語り>>市川実日子

<<ドキュメンタリー>>
IT企業に勤める浮穴仁さんは、"つり革熱中人"。形、つり下がり方、長さなど次々と新しい発見があるという。日本でつり革が登場したのは明治中ごろ。都市化で通勤に鉄道が使われ、立って乗るようになってからだ。今はもう使われなくなった"真のつり革"を探し求める浮穴さんの「つり革をめぐる冒険」に密着する。


100年インタビュープロ棋士 羽生善治
100年インタビュー
<<司会>>坪倉善彦アナウンサー

<<インタビュー>>
中学生の時にプロデビューし、25歳で7大タイトルを独占。終盤に繰り出す妙手は「羽生マジック」ともいわれる。羽生の勝負強さやひらめきは、どのように積み上げられ、生まれたのか。どうやって挑戦する勇気をもち、どう決断しているのか? 今「最強の棋士」に、将棋への向き合い方、情報化時代を生き抜く知恵、未来へのメッセージを聞く。


ハイビジョン特集駅 四季の物語~肥薩線 真幸駅~
駅

<<語り>>和田源二アナウンサー

<<ドキュメンタリー>>
九州のローカル線、肥薩線にある「真幸(まさき)駅」。"幸せの鐘"と呼ばれ、観光客から人気を集める鐘がある。「健康でありますよう」「合格祈願」「亡き夫に届けたい」など、さまざまな思いを乗せて鐘が鳴る。駅ができて100年。駅では今日も、出会いと別れが行き来する。雄大な自然を背景につづる笑いと涙の物語。


Cool Japan 発掘!かっこいいニッポン携帯電話
Cool Japan 発掘!かっこいいニッポン
<<司会>>鴻上尚史、リサ・ステッグマイヤー

<<ドキュメンタリー>>
今や、テレビ、音楽プレイヤー、サイフなど様々な機能を備える携帯電話。開発の現場では、若者向けだけでなく、サラリーマンやお年寄り向けなどいくつものタイプを用意して需要に応えようとしている。進化を続ける日本の携帯電話を外国人の目で探る。


ご視聴は、フルハウス店内でコチラをクリック!

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2010/12/09(木) 16:23:04|
  2. ドキュメンタリー