FC2ブログ

フルハウス八戸ノ里店 インターネットカフェ 漫画喫茶@東大阪

24時間年中無休で営業しています。近大、近大附属高校、大商大、樟蔭女子大から一番近いマンガ喫茶です。

映画「マイ・バック・ページ」劇場鑑賞券5組10名様プレゼント!

ただ、信じたかった─。 ただ、本物になりたかった─。
俺たちは"何を"信じるのか?

山下淳弘 監督 最新作
マイ・バック・ページ
2011年5月28日(水)公開
こちらの映画の無料鑑賞券を抽選でプレゼント!

My Back Page

NHK大河ドラマ「天地人」で国民的俳優となり、最新作『悪人』では世界へと躍り出た妻夫木聡。『GANTZ』『ノルウェイの森』など様々な話題作で多彩な魅力を披露し続ける松山ケンイチ。今や日本を代表する二大スターが、満を持して初共演を果たす『マイ・バック・ページ』。
監督は05年『リンダ リンダ リンダ』を大ヒットに導き、08年、『天然コケッコー』では第32回報知映画賞最優秀監督賞を受賞するなど、今最も注目を集める若き奇才・山下敦弘。4年ぶりに渾身の想いでメガホンを取り、新境地を切り開く。原作は文芸・映画評論、翻訳、エッセイなど広く活躍する川本三郎が自身の新聞社入社当時1969年より1972年までのジャーナリスト時代に経験した日々を綴った衝撃のノンフィクション。それを基に、脚本家・向井康介が3年近くもの歳月を費やしフィクションとして再構成、現代若者の心にも響く青春の葛藤を描いた一級の社会派エンタテインメントとして、映画化される。1960年代後半―今の日本が失った"社会の熱"が渦巻いていた時代─。二人の若者の運命的な出会いにより引き起こされた衝撃の事件。そこに浮かびあがる、激動する「現実」と身を焦がす「理想」の狭間で葛藤する若者たちの想い。時代・世代を超えて魂を揺さぶる、衝撃と感動のドラマがついに誕生!!
その時代、暴力で世界は変えられると信じていた─
1969年。理想に燃えながら新聞社で週刊誌編集記者として働く沢田(妻夫木聡)。彼は激動する"今"と葛藤しながら、日々活動家たちを追いかけていた。それから2年、取材を続ける沢田は、先輩記者・中平(古舘寛治)とともに梅山(松山ケンイチ)と名乗る男からの接触を受ける。「銃を奪取し武器を揃えて、われわれは4月に行動を起こす」沢田は、その男に疑念を抱きながらも、不思議な親近感を覚え、魅かれていく。そして、事件は起きた。「駐屯地で自衛官殺害」のニュースが沢田のもとに届くのだった。

キャスト:妻夫木聡、松山ケンイチ、長塚圭史、あがた森魚、三浦友和、忽那汐里、石橋杏奈、中村蒼、韓英恵、山本浩司、山本剛史

監督:山下敦弘

原作:川本三郎「マイ・バック・ページ」(平凡社刊)

2011映画『マイ・バック・ページ』製作委員会

フルハウス店内のPCからコチラでご応募していただけます!

応募締め切り:2011年4月28日AM10:00

※当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。
※応募の到着確認、抽選結果に関するお問い合わせには対応できませんので予めご了承ください。
※各プレゼントへのご応募は、お一人様一回限りとさせていただきます。重複応募は無効となる場合がございます。

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

  1. 2011/04/06(水) 15:28:09|
  2. 邦画